• ホーム >
  • ニュース >
  • 日本-タイ王国間で初の分散台帳技術(DLT)を活用した送金サービス開始のお知らせ

ニュース

2017.07.06

日本-タイ王国間で初の分散台帳技術(DLT)を活用した送金サービス開始のお知らせ

 SBIトレードウィンテック株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役執行役員社長:藤本 守)は、SBIレミット株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:安藤 伸生)の日本-タイ王国間の送金サービスを構築しましたのでお知らせします。

 今回構築した送金サービスにおいては、SBI Ripple Asia株式会社(本社:東京都港区、代表取締役:沖田 貴史)が提供する、分散台帳技術(DLT)を活用した次世代決済基盤(Ripple Solution)を利用しております。これにより、従来の送金サービスに比べて速く、そして低コストでの送金サービスが実現しました。

詳細は以下のリリースをご覧ください。

http://www.sbigroup.co.jp/news/2017/0630_10712.html

当社では今後もブロックチェーン関連技術や仮想通貨などを用いたフィンテックソリューションの構築への取り組みを強化してまいります。

このページの先頭に戻る